新築のための解体工事の流れ

家を新築するにあたり、解体工事をすることになりました。

損をしないためにも解体工事の流れを知っておいたほうがいいと思い、自分なりに調べてみました。

まずは、現場調査して見積もりを出します。

関連サイト解体工事の窓口

電話だけで見積もりをしてくれる業者もいますが、やはり現場を見てもらって曖昧でないしっかりとした金額を出してもらうのが良いみたいです。

次に、工事の前の近隣挨拶、引込配管、配線の撤去の手配です。

ガスや電気がつながったままの工事はとても危険です。

水道は業者へ確認したほうがいいでしょう。

工事は足場養生の組立、工作物等の撤去に始まり、メインである建物本体の解体、解体に伴う廃材の分別・収集・搬出、最後に地中の確認をし、整地・工事完了となるようです。

ちなみに職人さんにとって“バール”は必需品なのだとか。

様々なバールが解体工事では使用されるんですって。

話がそれましたが、無事に解体工事が終わるといいなぁと思います。

Comments are closed.

TOP